気難しい嗜好品「珈琲」

こんにちは、又はこんばんは!焙煎担当の七罪です!
珈琲と距離を置く珈琲を全く知らない人と
珈琲に興味を持ち始めて色んな珈琲屋さんに
足を運ぶようになった人に
珈琲はブラック(無乳無糖)で

飲まないといけない
珈琲は技術や知識が必要だから難しい」と
苦しげに訴える人が多いように感じます。
実際に大阪の珈琲屋さんで働いていた時も
「私は詳しくないからホットミルクで良いわ」
なんて言われる事もしばしば有りました。

珈琲って昨日の記事で書いた独特な表現が使われる
テイスティングコメント以外にも
難しいと感じる要素が多いのです。
珈琲の沼にすっぽりハマってしまうと
拘りを持って色んな飲み方で
楽しめるようになりますが
そこに行き着かない内に
そっと身を引く人も居るかと思います。
珈琲をもっと自由で気軽に
日常のお供にして欲しい者としては
非常に嘆かわしい事です・・・。
当方は珈琲をブラック(無乳無糖)で
飲む事が多いですが珈琲に砂糖や牛乳を
加える事に関して文句は言いません。
だって珈琲の楽しみ方って人それぞれで
正解も間違いも無いんですから!
珈琲は幅広く奥深い嗜好品ですから
飲む人が心から「美味しい」と
思える飲み方なら砂糖や牛乳を入れて
飲んだって良いんです!
因みに当方お勧めの飲み方は
1口目を何も入れずに飲んで
2口目を砂糖を入れて飲んで、
3口目に珈琲クリームや牛乳を入れて飲むのと
味の変化
を楽しめますよ♪
偶に「ブラック以外の珈琲は認めない!」なんて
声高らかに訴えている珈琲屋さんも居ますが
アレは珈琲の可能性を狭めているようなものですし
何よりも飲み手側が楽しめる飲み方が一番
なので
そう言った声が聞こえても気にせず
御自身の思うがままに、
珈琲との時間を楽しんで下さいね!


コーヒーランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です