家に有る物で簡単に珈琲を楽しむ方法

こんにちは、又はこんばんは!焙煎担当の七罪です!
珈琲って色んな銘柄の豆や、
個性的な見た目や淹れ方が出来る珈琲器具が
世に溢れていますよね。
珈琲器具は価格の幅も広く、
淹れ方も様々でどれから手をつけるべきか?
お金がかかって贅沢な嗜好品なんじゃないか?

・・・なんて思ってしまう方も
若しかしたら居るかも知れませんね!
そんな方の為に言わせて下さい。
確かに珈琲は豆の銘柄も珈琲器具の種類も沢山有って
抽出レシピも拘れば拘る程に収拾がつかない
まさに底なし沼のような嗜好品のようにも思えます。
然し、珈琲って豆を挽いてお湯(水)に接触させて
成分を抽出するという実にシンプルなもの
なのです!
出来るだけお金を使わずに、
珈琲を試してみたいって方も居るかと思うので
今回は恐らく一般家庭に有るであろう物で
珈琲を楽しむ方法をお伝え致します♪
ミルだけは代用出来る物が思い浮かばなったので
珈琲豆を買う際にお店で
挽いて貰う事前提でお話ししますので
予め御了承下さいm(_ _)m珈琲屋さんで珈琲豆を挽いて貰う際はペーパードリップよりも少し粗めの中粗挽きにして貰いましょう

【用意する物】
・予めお店で挽いて貰った珈琲粉(10g)
・沸騰したお湯(160g)
・スプーン
・スケール
・カップ
・茶漉し
・有れば計量カップ等の注ぎ口の有る容器
 (無ければカップを2つ用意)

では早速淹れてみましょう!
①挽いた珈琲豆をカップ(又は計量カップ)に入れ、
 珈琲粉を平らにならす。

耐熱計量カップが無いのでカップ2つでやらせて頂きますね

②沸騰したお湯を勢い良くカップ(又は計量カップ)に注ぎ、4分程蒸らす。

③4分後にカップ内(又は計量カップ)の珈琲を
 スプーンで上下に3回程攪拌し
 カップに茶漉しをセットして計量カップから
 抽出が完了した珈琲をカップに注いで出来上がり。

あー!カップからカップに注ぐと溢れ易いので御注意下さいね(^◇^;)

ペーパードリップだもカットされているコーヒーオイルも一緒に抽出されているので口当たり円やかです♪カップの下の方に微粉が溜まっているので飲み切る際は御注意下さいね!微粉を気にせず飲み切りたい場合はお湯を注ぐ前に茶漉しで微粉を取り除くと思い切って飲めちゃいますよ

たったこの3ステップで

誰でも簡単に美味しい珈琲を

楽しむ事が出来ちゃいます♪

珈琲好きな方なら一度は聞いた事が有るかも知れませんがこの方法は、珈琲の個性を知って、それを評価する
カッピングと言う方法に飲み易いように
茶漉しで珈琲粉を取り除くひと手間加えた方法な
のです^^
上記の物ならば大抵家に有る物だと思うので
初期費用もかなり少なく済むかと思います。
熱湯を注ぐので計量カップを使う場合は
耐熱タイプのものを選んで下さいね!
然し1つだけ注意して貰いたい事が有ります。
珈琲豆は豆の状態なら常温保存で
焙煎日から3ヶ月程もちますが
挽いて粉にしてしまうと、
空気に触れる面積が大きくなるので
豆の状態よりも劣化速度が速くなります。
常温保存なら2週間くらいが美味しく頂けますよ!
色んな銘柄を飲み比べたい場合は、
挽いた珈琲粉を1杯分ずつ小分けにして冷凍すれば
3ヶ月くらいは美味しく
頂けます!随分と長くなってしまいましたが
珈琲初心者さんが気軽に初期費用を抑えた
珈琲の始め方をお話ししてみました!
こうして見ると珈琲って結構シンプルな嗜好品なんですよね^^♪
拘りは向きう度合い次第なので無理に拘ったり
難しく考える必要は無いのです!

今回は長くなってしまったので
珈琲豆・粉の保存方法については省きましたが
それに関してはまた別の記事でお話ししますね♪


コーヒーランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です