高価な珈琲は美味しい?

こんにちは、又はこんばんは!焙煎担当の七罪です!
高価なモノって飲食物に限らず家電や衣服等
味が良かったり、性能が良かったり、
機能性やデザインが良かったりと金額に見合うだけ
万人が満足するモノが多いかと思います。
ならば珈琲も高価な銘柄の方が
美味しいのか・・・と言われると
ハッキリとそうですとも言えない
んです^^;
勿論美味しいんですけど万人が
満足する味なのかと言われば
そうとも限らないのです。
実際、珈琲屋さんで働いていた時に

「一番高い珈琲が一番美味しいんでしょ?」と

言われる事が多かったのです。
高価な珈琲で代表的なものと言えば
ブルーマウンテンやゲイシャですね。
どちらも浅めの焙煎度で提供するお店が多く、
珈琲とは思えないような酸味メインの
華やかで独特な風味が感じられます。
珈琲の苦味を味わいたい人には若しかしたら苦手だと
感じてしまうかも知れませんね。
さて、人を選ぶ味なのに関わらず
何故高価なのでしょうか?
味の質や個性の強さよりも
栽培するのが難しく希少性が高いので
高価な銘柄になってしまった
のです!

毎日飲む日常の一部に溶け込む珈琲と言うより
特別な日に贅沢なひと時を過ごす為に飲む珈琲

と言う感じですね♪
ブルーマウンテンもゲイシャも
個性の強い珈琲ではありますが
味の経験として一度は飲んで欲しい珈琲なので
若しも取り扱っているお店を見かけた際は
是非体験してみて下さいね^^♪


コーヒーランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です