珈琲と健康② 珈琲の健康作用と病気の関係

こんにちは、又はこんばんは!焙煎担当の七罪です!
前回は珈琲に含まれる健康に影響を及ぼすであろう
三大有効成分と摂取に注意が必要な場合が有る事、
珈琲と健康の関係については概ね確定だが
効果の保証が有る訳ではない事をお話しました!
では具体的にはどんな影響が有るのか
今日はその辺りについてお話しますね(´∀`*)

珈琲には飲んだ直後に影響を及ぼす急性作用と
飲み続ける事で影響を及ぼす
慢性作用と言うものが有ります!

急性作用

覚醒作用
 カフェインによって覚醒を司る部位が
 刺激され目を覚ます働きが有る。
 珈琲1杯で15~30分の睡眠を取ったのと
 同程度の効果が期待される。

中枢興奮採用
 カフェインによって大脳皮質が刺激され  
 注意力が高まり頭脳労働時の疲労を軽減し
 計算能力向上が見られる。

骨格筋運動亢進作用
 カフェインによる直接的な作用と言われているが
 カフェインがアドレナリンの分泌を
 促進する事による間接的な作用も
 関係していると言われている。


慢性作用
◎習慣性とカフェイン禁断頭痛
 カフェインには軽い習慣性が有る。
    比較的多量のカフェインを摂取している人が
 12~24時間以上カフェインを断った時に
 頭痛や倦怠感を訴える場合が有るが
 再度カフェインを摂取するか、
 摂取せずに数日経過する事で症状は無くなる。
 医学上問題は無い。

病気との関係について
 数多の疫学調査の結果から珈琲を飲む人の集団は
 珈琲を飲まない人の集団に比べて
 病気の発症率に違いが見られる、
 と言う報告されています。
 但し追試験が少ないものや
 結果の食い違い等が有り
 不確定なものも有るので
 今後の研究の進展を待ちましょう!

発症リスク低下
 肝癌、糖尿病、パーキンソン病、
 子宮体病、アルツハイマー、胆石

発症リスク増加
 膀胱炎、流産(妊娠初期の大量摂取者のみ)、
 関節リウマチ

発症リスクに差が無い
 心疾患、大腸癌、膵臓癌、高血圧、
 高脂血症、骨粗鬆症、脳卒中、貧血


このように確定的ではないにしても
病気との関係に関して様々な報告がされています。
こうして見てみると一部健康に害を成す場合が有るが
大多数は健康に良い効果を得られる可能性が有るので
「珈琲が身体に悪い」のも
あながち間違いではないのかも知れません。
繰り返しますが曖昧で不確定な事が多く、
珈琲で健康体を目指す事は出来ませんので

日々バランスの良い食事と質の良い睡眠、
自分に合った適度な運動を心がけましょう!

前置きが終わったので漸く次回本題です
当方が伝えたいのはこんな
小難しい事ではないのです。
次回、この長い「珈琲と健康」シリーズが
終わりますので最後まで
お付き合い頂けると幸いです^^♪


コーヒーランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です