珈琲と健康③ 美容と運動

こんにちは、又はこんばんは!焙煎担当の七罪です!
前々回と前回で珈琲と健康について
長々とお話して来ました。
今回は前々回と前回に比べて
簡単な内容になっているので気を楽にして
読んで頂けると嬉しいです^^♪

珈琲の美容効果

珈琲にはクロロゲン酸と言う
ポリフェノールが含まれており
このクロロゲン酸には抗酸化作用が有り、
その働きにより老化を促進する
活性酸素を打ち消し老化を遅らせる効果が
期待出来ると言う報告がされています。
又、1日2杯以上飲む事で
この抗酸化作用によりシミも予防
も期待出来ます。
あくまで予防なので出来てしまったシミを
消す事は出来ません。
肌の最大の敵はストレスなので
珈琲に含まれるリラックス効果で
日々のストレスを軽減すると良いでしょう!

珈琲とワークアウト

ワークアウトとは所謂筋トレの事です。
海外でトレーニング(training)とは
軍隊の訓練のような無理矢理やらされている

と言うニュアンスとして使われます。

ワークアウト(Workout)は
自分の身体を変える、健康効果の為等
自発的に現状解決に臨む事を指す
ようなニュアンスで使われます。
とは言えここは日本ですし
筋トレ」と言う言葉の方が浸透していますし
ワークアウトではなく筋トレでも大丈夫です
海外で運動する機会が有れば
トレーニング・筋トレ」とは言わずに
ワークアウト」と伝えると良いかと思います^^
海外かぶれって言われそうですが
英語勉強中の海外未経験なので
説得力に欠けるでしょうが
珈琲を切欠に海外に目を向けるようになったので
生温かく聞き流して頂けると嬉しいです(*´-`)

またしても前置きが長くなりましたが
本題に入りましょう!
珈琲に含まれるカフェインは覚醒作用で有名ですが
代謝アップと脂肪燃焼効果が有ります。
珈琲を飲んで30分後のウォーキングやジョギング
と言った有酸素運動で脂肪を燃やしつつ
筋肉が温まった状態で筋肉が活性化したら
プッシュアップ(腕立て伏せ)や
シットアップ(腹筋)のような無酸素運動で
筋肉に負荷を与えて筋肉を大きくします。
筋肉は加齢と共に減っていきますから
有酸素運動だけだと不十分です。
有酸素運動は脂肪は燃やし易いですが
筋肉が細くなってしまうので、
痩せ易い身体を作るなら無酸素運動で
筋肉を大きくした方が効果的です^^
筋トレをする事により健康効果は勿論の事
身体のラインも肌質も改善されます!
又、骨格筋亢進作用により
筋肉の疲労感の軽減と回復の効果が有るので
筋トレがとても捗るのです♪

因みに珈琲の健康効果を得ようとする場合
無乳無糖のブラックで飲む事
をお勧めします!
糖質と脂質は脂肪に変わり易い上に
摂り過ぎると肌荒れの原因にもなります><
勿論甘い珈琲が悪と言う訳ではなく
過剰摂取にならないように楽しんで頂ければ
何も問題有りません!

ダイエットや筋トレ中でも甘い珈琲を
飲みたい場合は砂糖よりも蜂蜜、
高脂肪乳よりも低脂肪乳にするのが
当方的にお勧めです♪

美容にも運動にも関係しますが
珈琲だけでは美しく健やかに生きる事は出来ません。
最終的にはバランスの良い食事と質の良い睡眠が
美しい肌とメリハリの有る身体を作ります。
珈琲はその手助けをする存在で
それだけでは効果を成しません。
こももう何度目か解りませんが、
珈琲と健康についてはほぼ確定とは言え
不確定なものも多いので、
珈琲だけに頼るのは良くないのです><

何よりも珈琲は嗜好品ですから
過度に健康効果を期待するよりも
効果が有るかも知れないから飲んでみよう
くらいのゆるさで良いのです!

日々積もり積もったモノで
人間って出来上がってますから
刹那的でなく永続的に心掛ける事が大事ですね!

珈琲もスキンケアも筋トレも大好きなので
この記事を書く為だけに前々回と前回の記事を
書いたと言っても過言ではありません!
当方は体調で飲食物の味が
おかしくなる事はあまり有りませんが、
それでも健康状態によって珈琲本来の味を
ちゃんと感じ取れていない事になるので
美味しい珈琲を美味しく味わい楽しむ為に
健康維持に気を遣う事は結構重要な事
なのです^^
今回この記事を色々言いましたがこの記事は
珈琲の魅力の一片を切欠に珈琲に興味を持って貰って
日常の一部として楽しんで欲しいと言う
そういう思いで書いたものでした!
大分長くなってしまいましたが
若しも①②③とお付き合い下さった方が居ましたら
御拝読下さいまして有難う御座います!


コーヒーランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です