似ているようで全く違うデカフェ、カフェインレス、ノンカフェインの話

こんにちは、又はこんばんは!焙煎担当の七罪です!

今回はデカフェ、カフェインレス、ノンカフェインの

違いについてお話ししていきますね

デカフェ

DecaffeinatedがDecafに略されたもの。

元々カフェインが有るものから

カフェインを取り除いたもの。

カフェインを添加する飲食物にカフェインの添加を

行わない事でカフェインを含まなくなったもの。

完全にカフェインを抜く事は出来ないので

ごく僅かにカフェインが含まれている。

カフェインレス

元々含まれるカフェインが少ないものの事。

日本では明確な基準が無い為、

「カフェインレス」と言うよりも

「カフェイン○○%カット!」と表記される事が多い。

因みに海外ではカフェインレスと言う

英語は無いので海外ではローカフェインと

伝えると良いみたいです!

ノンカフェイン

元々カフェインを含まないもの。

代用珈琲なんかはこれにあたります。

以上です!

ざっくり説明させて頂きましたが

デカフェもカフェインレスもノンカフェインも

似ているようで全く違いますよね(╹◡╹)

珈琲に限らずカフェインが苦手な方や妊娠中の方には

通常のカフェインが含まれるものよりも

この3つの中のどれかカフェインが

少量のものを選べば楽しく珈琲や紅茶を飲めますよ♪

次回はデカフェの安全性についてお話ししますので

もう暫くお待ち下さいませm(_ _)m


コーヒーランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です