まめっこ式抽出法!

こんにちは、又はこんばんは!焙煎担当の七罪です!!

10月25日の1日カフェ用に作った

まめっこ式抽出方法について

書き切れなかった事の補足させて頂きます!

と言うのもフリーペーパー用に書いた(描いた)為、

見易さ重視で結構細かい所を

省いてしまったからです(;’∀’)

使用ドリッパーは三洋産業さんの

スリーフォードリッパーです

抽出の流れは以下の画像の通りです!

珈琲器具描くのは相変わらず苦手です

さて、其れでは今回まめっこ式を考えるにあたって

特に気にしていたのが・・・

或る程度テキトーに注いでも美味しく仕上がる事

です!

と言うのも注ぐ量を細かく

コントロールする淹れ方だと

あまり気軽さが無く続けられないんじゃないかと

思い至ったからです(-ω-;)ウーン

それで注ぐ回数と1回に注ぐ量は

どの焙煎度でも同じにして

注ぐ量(お湯の細さ・太さ)を

変えるタイミングだけを

焙煎度ごとに変えればそれ程

ややこしくないんじゃないかと思い

こんな抽出方法になりました!

次に書き切れなかった事の補足です!

浅煎り・中煎りが中深煎り・深煎りよりも

早いタイミングで太く注ぐのは何故?

浅煎り・中煎りはゆっくり淹れると

渋味やエグミが出てしまうので

中深煎り・深煎りよりも早いタイミングで

太く注ぐように書いています!

逆に中深煎り・深煎りが

太く注ぐタイミングが遅いのは

苦味成分が抽出されるのに

時間がかかるからです!

抽出時に注ぐお湯の量と、

実際の抽出液の量が違うのは何故?

珈琲粉にお湯が吸収されてしまうので

注いだお湯の総量よりも

抽出液の量が少なくなります!

注ぐ際は手首だけでなく
体全身体を使って注ぐのは何故?

腱鞘炎対策です!

手首だけで淹れようとせずに

利き手側の足を後ろに引いて

ゆっくりと身体を回しながら注ぎます!

美味しい珈琲は姿勢も大事なのです!

サーバーを揺すって抽出液を攪拌するのは何故?

抽出液の濃度が層になって分かれている為

味わいを均等にする為に攪拌します!

カップに抽出液を注いだ後に
抽出液の泡を取り除くのは何故?

見栄えもそうなんですが

それ以上に味わいの為です!

抽出液の泡だけを口に含んでみると解るんですが

これがエグくてあまり好ましい味ではないので

当方は抽出液の泡は

或る程度取り除くようにしています!


以上補足でした!

まめっこ式の基本はこの方法ですが

今後ももっと美味しく淹れられるような

調整をしていくのでこれが完成形ではありません

珈琲も抽出方法も終わりは無いと思っているので

今後もアップデートしていけるように努めます

勿論改善出来たら色々纏めて

また公表しようかと思います!

長くなりましたがここまで御拝読下さいまして

有難う御座います!


コーヒーランキング

「まめっこ式抽出法!」への2件のフィードバック

  1. コーヒー大好き

    はじめまして。
    コーヒー入門者です。
    今まであまり意識せずにコーヒーを淹れていましたが、スケールを購入したのでまめっこ式で淹れてみました。
    味わいが深くなり、同じコーヒーか?と疑うほどでビックリしました。
    淹れ方も大切だと改めて感じてます。
    ありがとうございました。

    1. コメントありがとうございます。
      淹れ方でいろいろな発見があったりして、本当コーヒーの奥深さを感じています。
      楽しみながら美味しいコーヒーを飲みたいですね♪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です